東京通信機工業株式会社

製品情報

MT20-TBM[-8]
(モニタ端子板)

一覧へ戻る

MT20シリーズとして開発したモニタ機能付き端子板です。Uスリット端子を採用しており、ケーブル(IN)側は1端子、ジャンパ(OUT)側は2端子でマルチ付けが可能になっています。弾器窓部から試験プラグを使用してIN側およびOUT側をモニタすることができます。
取付方法は、マウンチングを利用した木板および180mmピッチの架、プロファイルフレームです。オプションで19インチラックにも取付可能です。
1台当たりの回線数は20端子10回線、または16端子8回線[-8]です。(写真は10回線タイプ)

【製品番号1402】MT20-TBM
【製品番号1409】MT20-TBM-8

資料

pdf 【カタログ】MT20-TBM(20端子10回線),MT20-TBM-8(16端子8回線)
pdf 【取扱説明書】MT20-TBM(20端子10回線),MT20-TBM-8(16端子8回線)
pdf 【図面】MT20-TBM(20端子10回線)
pdf 【図面】T20-TBM-8(16端子8回線)

備考

詳しくは「MT20端子板シリーズ」をご参照下さい。