東京通信機工業株式会社

製品情報

PATコネクタマルチケーブル

一覧へ戻る

RT-BOXの既設手動MDFを自動MDF(Sシリ-ズ)に切替する時に使用します。

1.接続はPATコネクタ-毎(10回線単位)にワンタッチ装着できます。
2.マルチケ-ブルを装着した状態でPATコネクタ-の分離・かん合は、それぞれ専用工具で行います。
3.浮かし工法MDF(仮設のMDF枠)は輸送・持ち運びを容易にするためバ-チカルバ-と支柱は2つ折りになり、組立・分解が簡単に行えます。
4.バ-チカルバ-は50号保安器がワンタッチ搭載でき、左右の回転が行え上下の両方向で使用可能です。

【製品番号3200】

資料

pdf 【リーフレット】自動MDF切替用品マルチケーブル
pdf 【参考資料】地下メタルケーブルの無瞬断切替のご提案
pdf 【参考資料】浮かし工法を用いたマルチケーブルのご紹介
pdf 【仕様書】新マルチケーブル
pdf 【取扱説明書】自動MDF切替用品取扱説明書

マルチケーブルの使用方法